札幌の月極駐車場

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



札幌月極駐車場を探す場合、皆さんはどのような駐車場を探しているでしょうか。

私の住んでいるところでは、月に5000円ぐらいでも駐車場を借りることができます。 ところがこの5000円というのは屋根無い駐車場で、車庫型のものになるとその倍近い1万円ほどかかるようになっています。

以前兄が東京で部屋を探した時には駐車場の代金が屋根無しでも5万円ほどして驚いた記憶があります。 月極駐車場を借りる場合に、費用を抑えるためには屋根無しのものを借りてもいいかもしれません。

しかし、札幌などに限らず北国のような雪国では、屋根付きのものを借りることを強くお勧めします。 冬の間に車を絶対使用しないという人はそれでいいのですが、冬の間も車を使用したいと考えている人は車庫型の駐車場を利用しないと車が雪に埋もれてしまうという事態に陥ります。

これは実は非常に厄介なもので、朝車に乗っていく前に車から雪をどかさなければならなくなります。これを冬の間はほぼ毎日行なわなくてはいけなくなるのです。


札幌でも月極駐車料金が1万円以上差がつくことも・・・

また、札幌のように冬は氷点下になるのが当たり前の地域になると屋根の無い月極駐車場に止めた車はドアが
凍り付いてしまって開かなくなることがあります。  これは夜の間に夜露が降りることによって起こる現象で、
一旦凍り付いてしまったドアはお湯でもかけないとまず開きません。
もしも屋根が無いところで車を止めて、窓を閉め忘れたなんてことがあったら車内まで凍り付いてしまいもうお手上げです。

このように札幌などの寒冷地では、月極駐車場を選ぶ際に注意が必要になってきます。

例えば同じ札幌市中央区であったとしても、月極料金1万円以上差がつくことがあります。
交通の便などももちろんあるのかもしれませんが、多くの場合はこれは屋根があるか無いかによって付く差です。


SPONSORED LINK



札幌に限らず車を大切にされる方は屋根付の月極駐車場が絶対にいい!

また、最近では冬以外でも車庫型駐車場が良い場合が多いです。
これは夏に直射日光が当たる場所に車を止めておくと、タイヤパンクしてしまうことがあります。
これは何も九州などの南の方の話ではなく、札幌などの北に位置する地域でも起こります。

実際に近年では札幌でも夏に30℃を超えることがあり、屋根の無い月極駐車場に車を止めておけば
それだけ車内の温度なども上昇するために大変なことになります。

また、春には黄砂の影響も考えなければいけません。
屋根の無いところに車を止めておくというのは、車を傷めることにもつながります。
自転車でさえ、屋根の無いところに止めたままにしておいたらものすごい速さでサドルやグリップ部分が傷んでいきました。

をなるべく大切にしようと思うならば、できるだけ駐車場屋根付きのところを選ぶようにするといいと思います。


スポンサードリンク